たまゆら

アクセスカウンタ

zoom RSS オキザリス

<<   作成日時 : 2008/11/11 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
    <オキザリス・オータムクィーン>
画像画像
 
ベランダで鉢管理としているオキザリスの花が何種か咲いている。

オキザリス・オータムクィーンは今年見かけて求めたもので、普通のオキザリスと違って株が小さくて花茎の丈も短く、葉はクローバー型でなく切れ込みのある細い葉だ。
花びらの裏側の縁が濃い色となっており、蕾の時は2色に見えて・オキザリス・パーシーカラーに似ている。
夏から秋植え球根で、夏場休眠するので鉢管理としても手間いらずで有難い。
性質は強健で育てやすく、植えっぱなしでも管理できるそうだ。



                  <オキザリス・ヒルタ>
画像画像
 
オキザリス・ヒルタは鉢で育てて6年目となるが、去年は花つきが悪くなってしまって夏場に植え替えをした。
この葉はクローバー型ではなくて細くて茎が立ちあがり、別名「キダチハナカタバミ(木立花片喰)」とも呼ばれている。花色は「桃色の輝き」によく似るが、こちらのヒルタは花びらの先が少し尖っている。


                 <オキザリス・桃の輝き>   
画像画像
 
オキザリス「桃の輝き」は今年で3年目となるが、花後の肥料などが足らなかったようで、去年より花数が減っている。
花色が濃くて、陽に照らされて輝くような美しさがあるので「桃の輝き」とつけられたようだ。半耐寒性だが寒さに強く育て易い品種で、花期が11月から3月上旬までとある。
葉は柔らかくて小さく3裂しており、茎が立ち上がり、夜は葉が閉じる「就眠運動」を行う。
この「桃の輝き」も安価で出回っており、花屋の棚に並んでいた。


画像
         <オキザリス・フラバ>
画像画像

黄色いオキザリス・フラバは今年求めたもので、葉がオキザリス・オータムクィーンに似るが、それより葉数が少なく草丈や花茎も長い。

オキザリスはカタバミの仲間で、世界の温帯、熱帯地方に分布して300以上の原種が確認され、雑草扱いにされているものも多いそうだ。(「球根草花の本」より)

花だけでなく葉の色や形も観賞価値があり、花屋でも毎年新しい品種が出回っているのを見かける。
球根としてはとても小さいが、春と秋植えがあり、我が家のものは殆ど秋植えのものだ。

育てて見ると日光をとても好み、日陰や曇りの日には咲かず、毎年球根で簡単に増える。

カタバミ同様、葉にはシュウ酸が含まれており、噛むととても酸っぱい味がするそうで、そこからギリシャ語のオクシス(酸っぱい)に由来して名前がつけられたようだ。

小さな球根から咲くオキザリスの花は愛らしく、これから冬を迎えようとする寒い時期に、元気一杯咲いてくれている。

お陽さまに向かってみんな温々と花びら広ぐオキザリスの花

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒルダは以前育てたことがありますが、その他はなじみがありませんでした。でもどんな花か、わかるような気がします。どれも無邪気な感じの可愛い花ですね。冬に咲くというのも魅力的です。「お陽さまに向かって・・・」嬉々として咲くオキザリス、目に浮かぶようです。
エフ・エム
2008/11/12 14:32
たくさんの種類のオキザリスを育てていますね。
オキザリス・オータムクィーンの薄いピンクが
好みです。花が少なくなる時期に咲いて
くれるのが特にいいです。
eiji
2008/11/12 20:58
エフ・エムさん、こんばんは。コメント有難うございます。
オキザリス・ヒルタの花はオキザリスですが、葉が普通のオキザリスと違っていますよね。これは馴染みでらっしゃるのですね。
年々面白い形のものが出回ってきて、その可愛い花に惹かれます。
花の少ない冬場に咲くので、またそれもガーデニングを楽しくしてくれます。
春に野山で見た「ミヤマカタバミ」はユキワリソウのように可憐な感じの花でしたよ。明日は晴れるそうで、オキザリスの花も嬉々と咲いてくれると思います〜。
エフ・エムさんへ
2008/11/12 22:17
eijiさん、こんばんは。コメント有難うございます。
オータムクィーンは名前もいいですが、花色も優しく好ましいです〜。
うちのオキザリスはベランダにほったらかしですが、結構丈夫で可愛い花を咲かせてくれていますよ。雑草のように見えて、葉も花も綺麗なものがあり、手軽でつい見ると求めて鉢も増えています。
これから寒くなる頃に咲いてくれて有難いです。寄せ植えにも向きますが、結構蔓延ります〜。

eijiさんへ
2008/11/12 22:21
お早うございます。
オキザリス大好きで、今迄からの品種ですがそだてています。
ピンクとオキザリス・レグネリー 紫の葉が終わろうとしています。
変わって・白とシルコベールが咲き出しました。
今年は早いですね。
黄色があります、新しい種類は無いのです・・・
葉っぱの形が珍しいですね。
小さな花が大好きで・・・楽しませていただきました。
オキザリス・オータムクィーン・・育ててみたいです。
やろい
2008/11/13 08:00
やろいさん、こんばんは。コメント有難うございます。
オキザリスは可愛い花で育て易いですよね。
コンテナで寄せ植えしてあり、6月から咲いている「オキザリス・トリアングラリス」はまだまだ元気で、葉数も増えて白い花を咲かせています。
そちらの「オキザリス・レグネリー」の紫葉はそろそろなんですね。
白とシルコベールが咲き出しているのですね〜。今年の開花は早いです。
うちも白の蕾が出てきましたが、まだ開花していません。
ペルシコロールは植え替えして頑張ったのに、今年はまだ蕾がひとつだけで何だか侘しい感じです。黄色は初めて育てました。葉が面白いのですよ。
「オキザリス・オータムクィーン」と「桃の輝き」はお勧めです〜。
やろいさんへ
2008/11/13 20:44
オキザリス たまゆら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる