ユキワリソウ(雪割草)、ロウバイ(蝋梅)ほか

          <ユキワリソウ:キンポウゲ科ミスミソウ属>   ユキワリソウ(雪割草)の花期は2~4月頃だが、鉢植えにしている2株のうちの1株が早々と2輪開花してきた。 地植えにしてあるユキワリソウ(3月29日記事)はまだ蕾も出ていないが、この鉢の「佐渡桃」銘のユキワリソウ(2月23日記事)は、今年2月に地うえのものより早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハボタン(葉牡丹)ほか

  毎年お正月用の鉢の寄せ植えとしている葉ボタン。今年は中輪系の丸葉系とミニタイプの切葉系と縮緬系を一緒に植えてある。 小さい頃は大輪系だけを見たようだが、近年はミニタイプのものが人気のようで、花色形もとりどりで纏めて一緒に植えると見栄えがするようだ。このミニタイプは矮化剤を使ってあるそうだ。 冬場は寂しい枯れ庭となるが、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オキザリス

          <オキザリス・バリアビリス・ホワイト>                                  <オキザリス・バリアビリス・ローズ>     ベランダで鉢管理としている「オキザリス・バリアビリス」と「パーシーカラー」が、冬陽を浴びて花を開いている。オキザリスは雨や曇り日には花を閉じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シクラメン

冬場になると花屋の棚で賑わっているシクラメン。原種の系統をひくガーデンシクラメンは早々と出回っており、高温、寒さ、病気にも強く、外管理で地植えや鉢植えができて手軽となる。去年鉢で植えたものが枯れもせずに葉が元気だが、花はまだ咲いていない。 株の大きい在来種の大輪系は花も豪華だが、大・中・小の鉢で出回っており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンリョウ(万両)ほか

                   <マンリョウの花:2008/7/25撮影>             センリョウ(千両)、カラタチバナ(唐橘)、ヤブコウジ(藪柑子)(12月1日記事)などと同様、お正月の縁起植物となるマンリョウ(万両)の赤と白其々の株の実が色づいている。 カラタチバナは百両 ヤブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンマークカクタス2種

             <パールウェーブ>                   <パールウェーブ>                  <トーアブリッタ> 去年より育てているデンマークカクタスのフリンジ咲き「パールウェーブ」が順調に花を開いてきた。 これはオリジナル商品で種苗登録してあると書いてあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more